スポーツ

ボクシングを始めたばかりの初心者が手取り早く強くなる方法

とにかく早く強くなりたいボクシング初心者

「ボクシングを始めたばかりだけど基礎練習ばかりでつまんないな。手取り早く強くなりたいんだけど」

ボクシングを始めたばかり初心者にとって、基礎練習が多く自分が強くなっているか実感できない場合が多いと思います。

基礎練習が重要と言うことはわかっている。でも、とにかく早く強くなりたい!手取り早く強くなる方法はないの?
こういった疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕はボクシング競技を15年続け現在は現役高校生を指導しており、いままで数百人の初心者ボクサーを見てきました。

そんな僕が、ボクシング初心者がとにかく早く強くなる方法について解説していきます。

実戦練習で強くなる

とにかく強くなりたいのなら、習うより慣れろです。スパーリングやマスボクシングで実践練習を積みましょう。
どんなに鏡の前で構えの練習をしていても一回のスパーリングの学びには勝てません。

ボクシング初心者にとって、相手と向き合うことはとても怖いものです。それを実戦練習の数で補いましょう。
当然トレーナーの指導のもと安全に行うことが大前提です。

とにかく体力をつける

スパーリングをすると気づくと思いますが、相手も必死です。
必死なボクサー同士のスパーリング、体力消耗は半端じゃありません。

結局最後は、体力がある方が勝ちます。
実戦練習と合わせて走り込みをして体力で優位に立ちましょう。

フィジカルを鍛える

最近のボクシング業界で特に言われることがフィジカルの強化です。
フィジカルの強化というと、パンチ力を想像される方が多いと思いますが、ここでいうフィジカルは違います。

ボクシングは思っている以上にボディコンタクトが多いスポーツです。
体と体がぶつかった時、「こいつ、カラダつえ〜」って思う事があると思います。

あれがフィジカルの強さです。
フィジカルが強いと相手に脅威という恐怖を与えられます。その結果、体力や精神力を奪う事もできます。試合を優位に進めることができます。

まとめ|手取り早く強くなる方法

いかがだったでしょうか?ボクシング初心者が手取り早く強くなる方法を解説しました。
基礎練習ばかりでつまらなく、「こんなことやって強くなるんだろうか?」
こんなふうに思う事も多いと思います。

今回は手取り早く強くなる方法を解説しましたが、基礎ができていないといつか伸び悩みが出てきます。
それに強いボクサーほど、基礎がしっかりしています。それほど、基礎練習は大事です。

ですので、本当に強いボクサーになるために今回の手取り早く強くなる方法と合わせて基礎練習もしっかり行っていきましょう。

この記事が、「とにかく早く強くなりたい!」そんな初心者ボクサーの参考になれたら嬉しいです。
こちらの記事を見ている方は、以下のサイトにも興味を持たれる方が多いようです。

宜しければ、ぜひご覧ください。

ボクシング初心者が試合で勝つために準備すべきこと

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。