スポーツ

ボクシングの初心者が最初に身につけるべきパンチ〜ストレート

とにかく自分のパンチを相手に当てたい初心者ボクサーへ

「ストレートやフック、アッパーカット。ボクシングにはパンチの種類はがいろいろあるけど、相手にあてやすい最強のパンチってどれだろう?」

スパーリングを初めてやった気に気づくことがあります。それは、なかなか相手にパンチが当たらないということです。
実践練習は、シャドーやサンドバッグ、ミットを打ちの練習とは違います。生身の相手が存在します。

条件付きの約束練習でもなければ、相手も黙ってあなたのパンチをもらってくれるはずもありません。

この時、あなたは初めて気づくことになるでしょう。
「パンチって当てるのムズい!」

  • 当てるために一番有効なパンチって?
  • パンチを当てるために気を付けることは?
  • 効果的なパンチを出すための練習ってあるのかな

相手にパンチを当てられない初心者ボクサーのこんな疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕はボクシング競技を15年続け現在は現役高校生を指導しており、いままで数百人の初心者ボクサーを見てきました。

そんな僕が、ボクシング初心者がとにかく方法について解説していきます。

とにかく速くて最短のパンチ、ストレートを身につけよう

結論から言うと、ボクシング初心者がまず身につけるべきパンチはストレートです。
ストレートはジャブも含めます。

「左を制するものは世界を制す!」
と言う言葉のとおり、ストレートはパンチの基本です。

日本人の大半が右利きと言うことを考慮して、ここではオーソドックススタイルをモデルにお話しします。オーソドックスは、利き手である右手が後ろにありますよね。

握った右拳から相手に向かうのが右ストレート。
前に出した左拳から相手に向かうのがジャブ(左ストレート)です。

まっすぐ=ストレート

だから、最短で相手に到達します。反応ができない可能性が高く、一番ヒット率の高いパンチになります。

基本的でかつ有効なパンチであるストレートですが、相手に当てるためには次のようなコツがあります。

  • 構えた位置からノーモーションで出す
  • 打つ時に、脇を開けない
  • ノーステップで打てるようにする

構えた位置からノーモーションで出す

これは基本中の基本ですが、意外とできていいない人が多いです。
とくに若いプロボクサーに多い傾向です。

力一杯にパンチを打とうとすると、少なからず振りかぶってしまいます。
そうすることで最初に構えた位置からパンチを打つことができていない状況になります。

結果として相手にパンチを予測され、あなたのパンチを防がれることになります。
相手に当てたいなら、構えた位置からまっすぐ出しましょう。

打つ時に、脇を開けない

前述の「構えた位置からノーモーションで出す」に通ずることですが、打つ瞬間に脇が開く選手は意外と多いです。
脇が開けば相手にパンチがくることを知らせることになります。

逆に脇が開かなければ、パンチが内側からきて相手にとってパンチをいつ出したか気づかれる可能性が少ないです。
脇を開けず、肘から前に出すストレートを心がけましょう。

ノーステップで打てるようにする

その場で、動かず打つこと。地味なことですが、これができる選手はあまりいません。トップ選手でも、できる人は少ないようです。

大抵の場合、ステップインして「ワン、ツー」という感じで打ちます。

通常ならそれでも構いませんが、「今すぐ!」と言う時にはそれでは遅いです。
相手が飛び込んできた瞬間のカウンターにステップインしては間に合いません。

そして、大抵の場合はステップインした両足のスタンスは開いています。

いつもスタンスを開いた状態でストレートを出していると、その場でノーステップで打つことはできません。

ノーステップで打てれば、相手が飛び込んできてもカウンターで対応できます。ぜひ、ステップインなしでスタンスを開くことなくストレートが打てるようになりましょう。

力を抜くことがストレートのコツ

全てのパンチに共通しますがストレートの場合、特に重要なのが力を抜くと言うことです。
ストレートで大事なことはパワーではありません。スピードとキレです。

もう一度言います。ストレートパンチは、「力ではなく速さ」です。

速いパンチで相手の顎を射抜けばそれだけでダウンします。
速さ重視のストレートを体得しましょう。

まとめ|ストレートパンチについて

いかがだったでしょうか?ストレートパンチのコツとメリットについて解説しました。
「右ストレートが当たらないけどなぜだろう。原因は何なんだろう」
こんなふうに悩んでいるボクサーも多いと思います。

ストレートが当たらないのは、あなたのストレートパンチの出し方に問題があるからです。

今回はストレートパンチのメリットとコツについてお伝えしましたが、有効なストレートを身につけるためには反復練習は欠かせません。

鏡の前でしっかりと自分おフォームを確認して、どんな場面でもコンパクトでキレのあるストレートが出せるようになりましょう。

この記事が、「ストレートを当てたい!」そんな初心者ボクサーの参考になれたら嬉しいです。
こちらの記事を見ている方は、以下のサイトにも興味を持たれる方が多いようです。

宜しければ、ぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。