スポーツ

目をつぶってしまうボクサーはフットワークを鍛えるべき

パンチが怖くて目をつぶってしまう初心者ボクサーへ

「相手が打ってくると、正直怖くて目を閉じてしまう。結果として、パンチをもらう。どうにかして相手のパンチをもらわない方法はないのかな…。」

このような疑問に答えます。

  • 相手が出てきた時に目を閉じないためにやるべきこと
  • 安全に相手のパンチを交わすフットワークを身につける方法

ボクシングの練習というと、いつも攻撃が注目されがちですが、本当に大事なのは打たれないためのディフェンスです。

打たれなければ、最低限負けることはないからです。

この記事を書いている僕はボクシング競技を15年続け現在は現役高校生を指導しており、いままで数百人の初心者ボクサーを見てきました。

打たれないためのディフェンスを初心者ボクサーに教えています

そんな僕が、フットワークを使ってディフェンスを磨く方法について解説していきます。

相手が打ってきた時に目を閉じないために

ボクシング初心者が、実戦練習を始めたとき最初に感じるのは恐怖です。

相手が猛然とパンチを打ってきた時、あなたは何ができますか?

初めての実践練習では、おそらく目を閉じることしかできないでしょう。センスがある人は交わしたり、ブロックできるかもしれません。

ですが、大抵のボクシング初心者は目を閉じるしかできません。

慣れていない人はしょうがないです。
恥ずかしいことではありません。

相手が来た時に目を閉じてしまう。これを冷静に考えると、相手が来ることあなたは見ているのです。

その恐怖に対する反応として目を閉じるとい逃げる行為をしているのです。

目を閉じるのは、相手のパンチに反応している証拠

パンチに対しての反応を目を閉じるという反応ではなく、確実に相手のパンチを避ける行動に繋げましょう。

要するに、足を使った反応をしましょう。ということです。

相手がステップインして50センチ踏み込んでくる。
そのとき、あなたがバックステップして50センチ後ろに下がる。

これで最初の距離感と変わらないので、打たれる心配はありません。

目をつぶるのではなく、フットワークでバックステップしましょう。

安全に相手のパンチを交わすフットワークを身につける方法

ディフェンスの技術がないのは練習をしていないからです。センスがないからではありません。

ボクシングの練習でディフェンスの練習に時間を割いているボクサーはあまりいません。

もし自分がディフェンスが苦手だと思うなら、徹底的にディフェンスの練習をしましょう。

フットワークを使ってパンチを交わす技術を身につけましょう。

フットワークの基本

フットワークで交わすためには、フットワークの基本がわかっていないといけません。

フットワークの基本として一番大切なことは、スタンスを常に一定に保つことです。

前後左右に動くたびに、スタンス幅が変わっていては一定の動きができません。

フットワークでは常にスタンス幅を同じに保つことを頭に入れておきましょう。

フットワークで交わす練習


ディフェンスの練習として有効なのが、パートナーと行う条件付きの約束練習です。

約束のもとに相手が打ってきたパンチを決まった形(フットワーク)で交わす。

慣れないうちはスピードを緩めて行い、慣れてきたら徐々にスピードアップを行う。

条件付きの約束練習をすることで、ディフェンスに自信がないボクサーでも慣れてきます。

相手のパンチに目を閉じることはなくなるはずです。ぜひ、練習に取り入れましょう。

まとめ|フットワークを使ってディフェンスを磨こう

いかがだったでしょうか?ボクシング初心者がフットワークを使ってディフェンスを磨く方法を解説しました。

ディフェンス技術として、フットワークは一番確実で安全な方法です。

打たれるのが嫌。というか皆、打たれることは嫌なはずです。

条件付きの約束練習を反復することで、フットワークで避ける方法は確実に身に付きます。

ぜひ、打たれないためにフットワークを磨きましょう。

この記事が、目をつぶってしまう初心者ボクサーの参考になれたら嬉しいです。

ボクシングのディフェンスについて悩んでいる方は、以下のサイトにも興味を持たれる方が多いようです。

宜しければ、ぜひご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。